• 躁うつ病でお悩みの方へ

どんな病気か

なってしまう原因とは

気分が落ち込んでしまい、何もする気が起きなくなってしまう「鬱病」という病気。今まではこの病気を発症している人が多かったのですが、最近では「躁鬱病」という病気を発症している人も増えてきました。躁鬱病とは、鬱病のようにマイナスな思考回路だけではなくプラスのことも考えるため、気分が安定しない状態のことをいいます。「マイナスなことを考えたり、プラスなことを考えたりする事は普通ではないか」と思う人がいるでしょう。しかし、躁鬱病の場合は普通と異なり浮き沈みの差が激しく、性格が変わったね、といわれてしまうほどです。

症状はあるのか

なってしまう原因として一番に考えられるのが「ストレス」です。ストレスというと、あまりにも溜まってしまうと胃潰瘍を発症する、というイメージがあるでしょう。実は、胃潰瘍だけではなく、躁鬱病まで発症させてしまう可能性があります。そのため、日頃からストレスを溜め込んでいる人は、自分の好きなことをしてストレスを発散させないようにしましょう。

躁鬱病の主な症状とは

躁鬱病を発症していると、「お喋りになる」といわれています。何故かというと、躁鬱の中の「躁」が強くなってしまうと、気分がよくなってしまい喋りたくなるからです。もし普段喋る方じゃなかったのにいきなり喋るようになったら、躁鬱病の発症を疑い病院に行って検査してみるようにしましょう。躁鬱病は、早期発覚であれば、スムーズに完治させることができます。

治療に使う方法とは何か

最近患者数が増えている傾向にある精神疾患の一つに躁鬱病というものがあります。 それは、通常のうつ症状だけではなくそれに伴って、躁状態と呼ばれている通常よりも活動的になり気分が爽やかになるという状態になってしまいます。 その様な状態になってしまうと、通常の行動以上の行動をしてしまうこともあり、自分を理解することができないなどの状態に陥ってしまうことがあります。 その様な症状の次にはうつ症状が出てしまうということがほとんどになっています。 この様な症状はなかなか改善することが出来ないものであり、改善するためには専門医からの適切な治療を長期間にわたって受けることが重要になっており、医療機関などを使うことが重要になっています。

躁鬱病をはじめとする様々な精神疾患を治療する時に使う方法としては様々なものがあります。 特にこの様なものは、昔から数多く使用されている薬物療法が主なものであるものの、最近では薬物療法はもちろん重要な治療方法であるものの、それ以上に様々な心理療法を行うことも重要なことであると言われています。 カウンセリングなどの心理療法を行うことによって、躁鬱病などの症状をより明確にすることが出来る様になっており、本人はもちろんのこと、その家族も躁鬱病などへの理解を深めることができることから、薬物療法と並行して治療には、心理療法を行うことが増えている傾向にあります。 また、その他の様々な治療も行うことが出来る様になっているために、自分に合った方法で病気を改善することができるようになっています。

CONTENTS